乗り鉄のルールを検証

乗り鉄とは列車に乗り駅周辺や乗車を楽しむマニアを指しますが、ルールとして幾つか挙げます。

本数が少ない鉄道に乗る場合は、食事する場所や物・次の列車の時間まで過ごす場所などを予めリサーチしておきます。
最終時刻や始発の時間を確認して「乗ってきたのが最終だった」なんて事がないように注意します。



田舎の路線の場合、夕方17時頃に最終列車の場合もあり、コンビニや宿泊する場所もない例もありますので周囲に迷惑がかからないようにします。




行動する季節を検証すると、どの季節が一番良いとは比べる事は出来ないが、混雑する連休などは避けて行動すると動き易いです。



乗り鉄の中でもジャンルがあり、新規の列車に一番乗りする・各路線の全駅制覇・路線の列車に全部乗車するなど様々あります。



乗り鉄の場合、列車のモーター音やエンジン音など音に特化する音鉄や列車の写真や動画を撮る撮り鉄と併せて趣味として乗車している人も多く車窓の風景の動画を延々と撮って眺める人もいます。

女性のファンも多く、お見合いのジャンルでも確立されつつあります。

乗り鉄が勧める列車の多くは普段乗れないような豪華列車が多く、JR九州の「ななつぼし」や志摩方面特急の「しまかぜ」などが挙げられ普段と違う空間を楽しみたいようです。



乗るだけでなく宿泊する場所にも詳しく趣味が高じて旅行ライターになった方もいます。


持ち物として軽装がルールですが、夏場でも冷房が効きすぎている場所もあるので羽織る物を準備します。